現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

材料でのレシピ検索

材料1
材料2

カレンダー

2019年11月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

※赤字は休業日です

いんげん豆の茹で方

いんげんの茹で方についてお話します。煮立った湯にいんげんを入れ、再度、沸騰してから20秒たったら湯からあげます。水で冷やすと水っぽくなるのでザルの上で自然にクールダウンさせます。

茹でる(ほうれん草、キャベツ、にんじん、ビーマン、イモ類...)


野菜を茹でると柔らかく、野菜の旨味を感じて美味しい。胡麻で和えたり、酢の物にしたり、使う衣、タレでバリエーションが広がる。「小さなおかず」の定番だ。また、冷蔵庫のチョットの残り野菜の始末にもなる。

豚肉と野菜のリエット/80g,40g

販売価格(税込): 594円、324
脂身の少ない豚肉の部位を使ったリエット。しつこさがない。野菜料理の脇役にどうぞ。
いんげん豆の投入
塩分1.2%のお湯を煮立たせたところに、いんげん豆を静かにいれます。煮立て方は、煮物が踊らない程度の泡立ちがいいでしょう。
いんげん豆の茹で上がり
いんげん豆をいれると、温度が下がり、沸騰がとまります。そして、再び、沸騰し、その後30〜40秒程度が茹で時間の目安です。
茹でている間は熱が均等にとおるように、箸でいんげん豆を上下させましょう。
いんげん豆の冷却
ザルに広げて冷まします。水で冷ますと色はきれいになりますが、水っぽさが残ります。歯ごたえを狙うなら、ザルに広げて冷ましましょう。